h.Tsuchiya

編集と広報のお手伝い & My NEWS

三社祭とニッポン映画

朝、カンヌ映画祭で是枝監督の受賞と樹木希林(75歳)の記者会見のニュースを見た後、浅草に行った。三社祭最終日。友達のお囃子を追い、人の波に押され漂うように移動した。たくさんの、多様なガイジンに囲まれながら、「この人たちは、この祭に何を感じて…

爺唄24 「子守り」に思う「ベビーシッター活用」

消えて行く歌ジャンルの一つが「子守歌」。ねんねんころりよ おころりよ ぼぅやは良い子だ ねんねしな(江戸の子守歌)、ねんねした子の 可愛さむぞさ おきて泣く子のつらにくさ♪(五木の子守歌)、この子よう泣く 守りをばいじる 守りも一日 やせるやら♪(…

爺本12 『国富論』を読む前にコレ!

たまにはカタイ本。グローバリズムや自由主義経済を賛美する人は、アダム・スミスの『国富論』にただ1度出てくる「神の見えざる手」という言葉を掲げて、「経済は自然と効率化し、富も全体に行き渡る」というデタラメを言う。だが、それはスミスの真意と違う…

爺飯41 そら豆&新玉ネギの「ミッキー」

今夜、マンションの大家さんから大量の空豆と新玉ネギをもらう。彼の千葉の実家で育てたもの。この豆は足が速いのですぐにサヤから出し、少し切り目を入れて塩ゆでにした。以前、そのまま茹でて冷ましたら皮がシワシワになったのを反省、少し学習した。多す…

「桂花」さん、御一考を

新宿の熊本ラーメン「桂花」にもう50年近く通っていることは前にも書いた。ポイントカードのシステムが最近変わって、10回ごと5段階のカードになった。今日、満杯になったカード特典を使った。名物の「太肉麺(ターローメン)」(980円)がタダになるほか、…

爺歌23 今夜のオカズはCHAIの4人娘で

「♪せこい ずるい やすい男には ついてくなよ 美容師 バンドマン バーテンダーには ついていくなよ♪」はCHAIの『ボーイズ・セコ・メン』の歌詞。公式サイトには「かっこいい人はみんなセコくてズルくてヤスいから、魅力的だよね。魅力的なセコい男に騙された…

爺酒03 わが「酔態観察」

晩酌に、セブンイレブンの安っすい焼酎(900mlで523円)をロックでグイと呑んだ。ツマミは塩ッぱいブリッツェル。酒はアルコール臭でむせることもなく、喉がヒリつくこともない代わりに、妙な甘みと調味料っぽい味がする。口当たりにだまされてもうふた口…

爺歌22 江戸情緒を唄い継ぐのは誰?

YouTubeに、25年前に石川さゆり(現在60歳)が、「さのさ」「奴さん」「木遣りくずし」を3曲連続で唄う動画が載っている。斜めに結んだ帯留は彼女得意の着崩し。さらに35年前(25歳)の映像では「隅田川」「十三夜」を唄っている。こちらは凛々しい芸者姿。……

爺飯40 車麩とナスの煮びたし

ジジババの作る料理は何でも茶色の煮物が多い。病弱だった実母に代わって祖母のメシで育ったワシは、かってはそれが嫌いだった。なのに齢と共に好きになってきた。味覚が先祖返りしているらしい。昼飯は友人からもらったタイ産グリーンカレーだっただけに、…

トリビュートされる資格とは

忌野清志郎の命日ももうすぐ終わる。彼にトリビュートを捧げるミュージシャンは今でも多い。『スローバラード』をカバーした例だけを挙げると、UA、奥田民生、スーパーフライ、ミスチル桜井、そして相棒だったチャボこと仲井戸麗市&金子マリ。できの良しあ…

爺本11 へたな新聞より1冊のマンガ

ぶんか社の月刊漫画『本当にあった笑える話』は、アマゾンプライム会員に無料配信される。毎月読者投稿を元にした特集漫画と連載で編集・その記事がなかなかか凄い。死ぬかと思った体験談、タイの無法地帯、世界ゲイ旅行、介護ドキュメント、離島暮らし、動…

爺本⒑ 「天皇Xデー」関連写真集あげる

1901年4月29日生まれの昭和天皇裕仁が、容体悪化させたのが1988年9月、全国で歌舞音曲の自粛や皇居への治癒祈願記帳が続いた。このまま「崩御」されるかもとの見通しで、マスコミの間ではその日を「Xデー」と呼び、ひそかに記念出版の準備が進んでいた。フラ…

「セメント成分」の多い女

ひと月前、その女性と再会した。50代半ばで×イチ。英語ペラペラで有名観光地のホテルでコンシェルジェもしていたが、子どもらが自立したのを機に東京に戻ってきた。飯を喰いながらの話は、「一人暮らしの老後が心配。友達少ないし。あと30年、自分のやりたい…

ふるさとは近くに寄りて……

1年半ぶりに島に帰省。遺品整理目的のわずか5泊6日の短期滞在。だが今冬の寒波で室内水道管が破裂。風呂にも入れず炊事もままらなかった。しかしそこはふるさと。仲間が飯に誘ってくれたり、筍ごはんを差し入れてくれたおかげで生き延びた。あまつさえ、不思…

ネット動画マニア御用達のサイト

ネット動画には、様々な場所で起こった事故や失敗、そして無茶な行動などが掲載されている。その殆どは、どっかで見た映像のコピー。これらをたくさん見ている動画マニアが面白がっているのが「2BCTND」(To Be Continued:つづく)のサイト。どのハプニング…

風変わりな本作りました!

誰しも加齢による体調変化は避けられない。嚥下機能や滑舌が悪くなる、顔面が垂れ下がる、新しいことが記憶できない……等々。これらを放置せずに少しでも機能維持したければ、インナーマッスル(体幹筋)を鍛えるしかないが、運動が嫌いになる人も多い。でも…

今日の気分は「人間シュレッダー」

人はモノ・ゴトに囲まれて生きている。モノは死後、産廃で処分できるが、コト(事象)の始末は簡単ではない。人間関係や各種契約、法規の網の目が絡んでいる。人が生きているというのはそうした網の結び目を1つ担っていることかもしれない……なんて哲学的なこ…

「あぁ、あやかりたい、あやかりたい」

隣地に大きな駐車場ができた。左手のアパートも壊す計画で、もっと広がるらしい。地主法人の代表は52歳の女性。大学生の頃にジャズバーを開業して次々と多店舗化。それもケチ臭い居抜きでなく、一流の店舗デザイナーを起用して大改装するやり方。30年経ち、…

爺本09 米村圭吾の『風流冷飯伝』

BookOffの100円コーナーで気まぐれに買った1冊。讃岐に流れてきた江戸のタイコ持ちと、地元武家の「冷飯ぐい」こと次・三男らが繰り広げる喜劇。ハイライトの将棋対決にちなんで、この本からいろんな将棋用語を教わった。千日手、振り飛車、雪隠詰め、都詰め…

爺本08 宮部みゆきの『おそろし』

人気作家宮部みゆきが得意なのは「江戸・怖い話」。『おそろし』(2008年)もそれで、NHKBSでは波留主演で14年にドラマ化された。脚本・演出の金子が要領良くつまんでホラー仕立てにした秀作だったが、原作の印象は違う。「怪しい物語」をしに来る客たちの話…

迎賓館からしんみち通りへ

この時期、首都圏在住の佐渡出身者は旧市町村ごとの定例会を催す。今日は四谷で「新穂人会」。そこに同級生の叔母さんと娘さんが出席。終わりに待ち合せて近所の「迎賓館」へ散歩。1000円スマホ禁止だが予約なしで本館と前庭が鑑賞できる。建築的にも一見の…

面影橋から鬼子母神へ

隣地で朝から駐車場造成工事。喧騒から逃げて散歩へ。体内埋め込み型「自動散歩装置」の指示に従い、バスに乗って早稲田へ行き、神田川の花筏を見下ろしながら歩いて「面影橋」へ。昔、狩りに出て雨に降られた大田道灌が、村娘に蓑を貸してくれと頼んだが、…

今宵の月のように♪……?

エレカシが掲題の歌をヒットさせたのはもう20年以上昔だった。今夜は満月でどうも人の気を少し狂わせているらしい。ワシの会社の後継社長Kくん夫妻と近所で晩飯したのは、中国人が経営する「キノコ鍋」の店だった。最初はメニューが読めず、「店選び、狂った…

 「プレ金」は自己流でやればいい

約1年前から「月末金曜日は早帰りして外食や買物を楽しむプレミアム・フライデー(プレ金)」という官製キャンペーンが続いている。協力する企業や当て込んでサービスする店が少なく、「15時退社には無理がある、収入が上がってないのに消費に回せない」など…

「自動散歩装置」に操られて

ワシの体内には「自動散歩装置」が組み込まれているらしい。センサーで、今日の雲量や体感温度、風力などを計測し、データベースの履歴や知識、地図から最適解のコースをリストアップする。「平日、昼下がり、単独、食事不要」などの条件とも照合して、「今…

もう一度大学に戻れるとしたら……

ワシらの大学時代と言うのは話にならない。レベルの低い教養課程、タコツボ的知識・技術しか教えられない専門課程。当時の学生運動のことは抜きにしても学生側に不満が鬱積し、大学不信に繋がったのも止むをえない。『いちご白書をもう一度』のように「就職…

「自動車学校アルアル話」、聴きたいなぁ

この時期、春休みを使って自動車教習所に通う新人リーマンや学生が多い。ワシは、20歳の時に免許を取り、9年通勤に乗って後、敢えて失効した。東京で仕事するのに車は要らず、駐車場代でワンランク上の暮らしができるからだ。しかし、53歳の時に両親の介護で…

職人仕事は忍耐と見つけたり

紫外線量が日ごとに増えてきたので、柿渋染めも急がねばならない。先週から少しづつ作ってきたのが小さなToToバッグ(300円)。これをなんとか商品にしたくて、麻の葉崩しの絵を描いて塗分けた。「平面上のいかなる地図も四色で塗分けられる」という「四色問…

良い「現場ネタ」の見つけ方?

書く物の魅力の7割はネタの力だと思うから、できるだけ現場に出向いて良いネタを探そうと思っている。マスコミ依存だった時代に比べ、Viral力に勝るSNS時代なら、そのネタは簡単に見つかると思うかもしれないが、実際は違う。皆なタコツボの中に深く入り込ん…

家族で浮かれられる貴重な日

年度末、転勤・異動・卒業・進級・就職など色んな節目である。加えて多くの民間企業の給料日直後、晴れた休日で、メディアは「桜が満開」と嘘で煽る。……いくつも条件が重なって、今日は浮かれて出かけるにふさわしい日になった。買物袋を抱えて、高級焼き肉…