h.Tsuchiya

編集と広報のお手伝い & My NEWS

2018-02-23から1日間の記事一覧

爺唄20 泣ける歌3曲

●1977年、さだまさしの『案山子』。都会で一人暮らしをする弟(妹)を故郷にいる兄が気遣うメッセージ。「お金はあるか、今度いつ帰る、手紙が無理なら電話でもいい……おふくろに聴かせてやってくれ」。この歌を知ったアジアの留学生たちは必ず泣いた。●2004…

爺酒02 思い出横丁探検隊

新宿西側線路沿いに密集している呑み屋街、かつては「しょんべん横丁」といったが、今はキレイに「思い出横丁」という。月末金曜日、プレミアなんとか関係なしにココを探検。ガイジンやリーマンで歩くに困るほどの混雑だった。焼き鳥食べたくて「鳥園」に入…