読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RIPE's blog

記事の中身は「R65」。年の功がある人(RIPE)向け。でも若い人も大歓迎ですよ(笑)

ザ・ライプ・スタッフ

f:id:RIPEkun:20060711112056j:plain

「ライプ(RIPE)」という言葉は、熟した、円熟したという意味とともに、下品なとか酔っぱらったといった意味もある。
 その「ライプ」を使った名せりふが、映画(スペースカウボーイ)に出てくる。クリントイーストウッドやトミーリージョーンズ、ドナルドサザーランドらが演ずるオジン宇宙飛行士が、地球を救う命がけのミッションに出かけるとき、新聞が報じたのは、「ザ・ライプ・スタッフ」だった。これはいうまでもなく、選ばれたアポロ計画の宇宙飛行士たちを指す「ザ・ライト・スタッフ」をもじったもの。一度は現役を引退したヨレヨレの飛行士たちをからかったものだ。でも、ちょっと応援しているニュアンスもある。

 僕ら団塊世代は、かつてはこの国の、「ザ・ライト・スタッフ」だったかもしれない。でも還暦を過ぎた今は、明らかに社会のお荷物になっている。でも、本当にそうかな? 僕らは用済みか?
 
 年寄りといえども元気はある。経験も知恵もある。仲間たちもやたらと多い。それなりのスキルもある。そういう連中が集まって、何かを企めば、何かが起こせそうな気がしてくる……。そこに少し若いの(つまり予備軍)から、子や孫のような連中まで カンパニー(仲間、社中)として参加してくれたら愉しいにきまっている。

 まずはジジとババとが呼びかけて、おもしろいことをはじめたい。どうですか? ご一緒に。