h.Tsuchiya

編集と広報のお手伝い & My NEWS

20年ぶりの「みんみん餃子」

f:id:RIPEkun:20140904192937j:plain

 吉祥寺に用事があって、その帰り。ハモニカ横丁にある餃子の「みんみん」に寄った。昔、高井戸に住んでいた頃によく来ていたが、実に20年ぶりである。ハモニカ横丁のたたずまいは変わっていないが、店舗はかなり入れ替わり、若い人が行くような飲み屋が増えた。でもこの老舗の餃子屋は相変わらず。調理場のおやじさんもそのままだった。

 ここの餃子は、大きくて皮が分厚い。王将や大阪王将日高屋なんかのへなへなした小さな餃子とはまるで違うしろもの。ひと皿5個で430円。それと他にはない「あさりチャーハン」(720円)。これには刻みキャベツ炒りの白湯スープとザーサイがつく。

 20年ぶりの餃子は相変わらずうまかったが、チャーハンはボクには塩っぱすぎたし、スープのコクも薄かった。「こんな味だったかな?」と思う。おじさんは変わってないのだから、ボ

クの舌が変わったのかもしれない。隣では、学生さんぽい男性が「餃子ライス」(720円)を頼んでいた。そうそう、学生時代はこういうのとかレバニラ定食が夕飯だったなぁと少し懐かしさもおぼえた。テーブル席では二人のサラリーマンがビールと餃子だけで何やら話し込み、店先には夕食用の持ち帰りを買う人がひっきりなし。相変わらずの繁盛ぶりになぜか安堵する。20年、自分的には激動の20年だったけど、この店の時間は別次元で流れていたのだろうと思う。

 今の家の近くの荒木町にも「みんみん(明明)」という餃子屋があるし、宇都宮の有名な店も同名だ。はたして「みんみん」イコール餃子屋という法則でもあるのだろうか?

 中国人の友人たちと付き合うようになってからは、焼き餃子よりも水餃子が好きになっていたが、この吉祥寺「みんみん」の焼餃子だけはまったく別物。きっとまた食べたくなるだろうと思う。