h.Tsuchiya

編集と広報のお手伝い & My NEWS

ネコ派? イヌ派?

f:id:RIPEkun:20150912020729p:plain

 ネコが好きか、イヌが好きかで、人の性格はおおよそ判るのだという。ネコもイヌも飼ったことがあるので、自分がどちら派の性格なのか考えたことはなかった。気まぐれなのは確かだからネコ派かもしれないし、人間が好きだからイヌ派かもしれない。誰かに指図されるのは大嫌いだから、やはりネコ派だろう。いやいや、時々群れるのも嫌いじゃないから、やはりイヌ派かも……。

 判定つかないが、たいていの人も似たようなものではなかろうか? ま、どうでもいいか。

 どうでも良くない気分にさせられるのは、同世代のジジババたちが「座敷イヌ」に、メロメロになっている光景である。ほとんど奇形のような小さすぎるイヌを、家の中で飼っているのが、どうしてもキモチ悪いのである。そのイヌがヨボヨボになって死ぬと、自分たちまで元気をなくし、周囲はペットロスとおか言って同情する。なかには、自分とイヌの墓を一緒にしてほしいと遺言するバカもいる。病的だという自覚なんてまったくないようだ。

 しかし昨日、ある芸能ニュースで、北村一樹主演の「猫侍 南へ行く」とかなんとかいう映画のエピソードに関するステマ記事を読んだ。そこに添えられていたネコの写真を見たとき、なんとなくビビッ来た(どうも表現が古いな)。17歳とかいう老猫なのだが、実に美しいのである。白い毛並みとその緑の瞳がすばらしい。それで確信した。「ワシはネコ派人間だ!」と。

 残念ながら、今の借家ではネコは飼えない。しかたないから、いつか白猫のぬいぐるみでも買って、自分の守り本尊にでもしようかな……。あれっ、ワシも結局、ただのバカなジジイか?