h.Tsuchiya

編集と広報のお手伝い & My NEWS

143 1円老骨の詩

f:id:RIPEkun:20150928220244p:plain

f:id:RIPEkun:20150928220306p:plain

f:id:RIPEkun:20150928220326p:plain

 今日は倉庫仕事のバイト。家を出る時、財布に111円あった。でもバイト先の駅前自販機で110円の缶コーヒーを買う。エネルギー源にしたかった。残りは1円しかない。これが今日のワシの値段。老骨1円也。昼飯や夕飯なんて先のことは考えられない。月末の家賃をあと3日でなんとか工面し、年末には理不尽な離婚費用を25万円。カードローンももう限界。生活保護申請ギリギリの窮地だ。

 仕事中に、登録した人材会社から警備員で正社員という募集の案内メールが届き、気持ちはかなりぐらつく。採用されるとも思えないが、固定給暮らしが正直うらやましい。でも、警備員になったら本当におしまいって気もする。だって、ワシはクリエイターだったんだ。職業に貴賤はないが、それに時間を拘束されたら、もう2度と”本業”には戻れない気がするのだ。

 しかし、こんなに切迫しているというのに、どこか楽天的な自分に呆れる。バイトの帰り、スーパーで、コメと野菜を買う。ショッピング・ローンだけはまだ少し使えるのだ。そして、冷蔵庫の隅に見つけた缶ビールを呑みながらツマミを作る。

 ブロッコリーの味噌漬けだ。レシピめいたものを書こう。
 ①新鮮なブロッコリー ②茎や枝を切り離す ③適当な大きさ、薄さに成形 ④軽く塩もみじんわり水気が出るまで休憩 ⑤味噌は少なめでもOK、お好み ⑥全体を会えたら保存……2週間はおかずやツマミで愉しめるよ。ただの塩もみでも塩麹漬けでもOK。3日以上干した大根の割り干しと一緒に漬け込むのもOK。

 ちなみに、調理中のBGMは、浜田省吾の「Money」! 世の中カネより愉しむ心とガッツだぜ!フフフ……。 ワシは自分が思っているいる以上に繊細で、思っている以上にしぶといらしい。呑んでいい気分になると、「明日は明日の風が吹くわい」という気分になった。これは一種のバカなんだ、と思う。