h.Tsuchiya

編集と広報のお手伝い & My NEWS

町中からジャズが……

f:id:RIPEkun:20151115181215j:plain

 新宿三丁目から末広通り一帯で、ジャズのライブが行われていた。ビックバンド風から地味なトリオまで色んな演者が、懐かし系の曲を演奏。並木の紅葉はイマイチだけど、この季節、この場所にはジャズが似合う。思えばン十年前には新宿東口界隈は、あちこちにジャズ喫茶があり、若者たちの溜まり場にもなっていた。今日のは、ジジババにはノスタルジック、でも今の若もんにはもの珍しい、肩の凝らない良いイベントだった。

 ジャズのことはよく知らないが、ン十年前のこの時期というのは、ジャズの変わり目だった気がする。ビッグバンド、ビーパップと来て、どんどん過激?というか先進的なものが出てきていたから、色んなタイプのジャズが共存していた。訳もわからないまま、「コルトレーンがいい」「マイルスは革命的だ」なんてことを、薄暗い店でしゃべくっていたのも、恥ずかしいけど懐かしい。

 その一方で、ビートルズやマージービートや反戦フォークなども喜んで聞いていた。それが、今では、「昭和歌謡がいいね!」なんていう変わりよう。でも、やっぱり、場所や雰囲気が変われば、「ジャズっていいもんだな」とも思える。昨今の音楽事情はさっぱりわかっていないけど、ずいぶん多彩な音楽を楽しめた時期だったなぁと思う。