RIPE's blog

記事の中身は「R65」。年の功がある人(RIPE)向け。でも若い人も大歓迎ですよ(笑)

「なんちゃってブリ大根」

f:id:RIPEkun:20151128174611j:plain

 今夜の酒のツマミは「なんちゃってブリ大根」。佐渡なら今が旬のブリでも、都内スーパーではちょっと高い。そこで「なんちゃってブリ大根」を作る。大根を煮て、投入するのは缶詰「シーチキン」。醤油で味を調えればすぐ完成。翌日になっても味がしみて旨い! シーチキンの正体は、マグロかカツオなんだけどね(笑)。

 ジジイの自炊なんて、こうした「なんちゃって」ものが多い。とにかくひとり分だけのためとなると食材に無駄も出る。かといって毎日、同じものを食べるのもいやだ。煮モノを作って汁が余ればうどんすき風にするとか、親子丼の出汁にする。多めに作った炒り卵はまずレタスのサラダ、もう一品はトマトと炒める。煮物の味付けに醤油でなくオイスターソースを少し使うのも変化が出る……てなてな工夫で、ともかく継続してると手間とカネの節約にもなる。これで晩酌しなきゃもっといいのだけどね。

「男子、厨房に入らず」ってのは、日本だけの偏見だね。中国でも欧米でも男たちはメシを作る。だいいち、戦場にでもでていたらそんなこと言ってられない。奥さんがいないとろくなメシも食えないような男はイカン!ましてや自分の酒の肴くらい、自分で作らねば……。