RIPE's blog

記事の中身は「R65」。年の功がある人(RIPE)向け。でも若い人も大歓迎ですよ(笑)

ショウガねえ2品

f:id:RIPEkun:20151206173524j:plain

 ひとりものの自炊では、適量の食材を使うのが難しい。とくに添え物程度のものは買うのに躊躇する。寒い冬にはショウガがいいなと思うが、鶏卵大1個を買うのは勇気がいる。冷蔵庫には入れられないし、すぐに乾燥する。でも思い切って買って、ショウガとジャコの炊き込みや豚肉のショウガ炒めを作り、鍋にも入れた。それでも余る。「ショウガねえ」ので、市販の紅ショウガ汁に漬け込む、薄切りして砂糖液につけてガリ風にしてみた。残りはショウガ湯にするか……。

 他にもあればうれしいけど、買うのに勇気がいるのは、ゆずである。白菜や大根の漬物に使い、豆腐の鍋に使うがやはり余るので、風呂に入れることが多い。日持ちするとはいえ、赤トウガラシもそうだね。大葉(青じそ)や三つ葉もあればうれしいけど……と思う。


 人生も、「あればうれしいけど、手に入れたらもて余しそう」なものがたくさんある。彼氏/彼女、ペット、オーディオ、皮のコート、バイク……。こういう「添え物」で癒されたり、充実した時間が持てるというのはすごくわかる。でも、人生も終半。そうした添え物が身の回りにたくさんあった時期はもう十分経験もしている。だから、「なければなくてもいいよ」という気分にもなりやすい。あること、あったことを思い出し、反芻するような日々がこれからは多くなるのだろう。けして、負け惜しみじゃないけどね。