RIPE's blog

記事の中身は「R65」。年の功がある人(RIPE)向け。でも若い人も大歓迎ですよ(笑)

月に還った男

上弦の月だったっけ 久しぶりだね 月見るなんて♪」(「旅の宿」)の詩を書いた岡本おさみが、ちょうど上弦の月の今日、73歳で亡くなった。拓郎が、一時パワーダウンした時期に詩を提供して次々に大ヒット。「落陽」「おきざりにした悲しみは」「祭りのあと」等々。他の人にも提供した。「きみの朝」(岸田智史)「襟裳岬」(森進一)「地下鉄にのって」(猫)「ルームライト」(由紀さおり)等々。音楽界に才人がいなくなる日本。次は小椋佳かも。

 

カラオケに行きたくなったな。

f:id:RIPEkun:20151218212551j:plain