RIPE's blog

記事の中身は「R65」。年の功がある人(RIPE)向け。でも若い人も大歓迎ですよ(笑)

ご近所のプチ事件簿 epi.10

f:id:RIPEkun:20160710211653j:plain

四谷の老舗、危うしか?
四谷近辺には戦前からの老舗がたくさんある。食べ物系に絞って、古いところでは380年以上続く金沢落雁の森八 東京店、黒豆羊羹の寛永堂、250年以上の佃煮有明家、150年のうなぎ「つきじ宮川本廛」、120年のカステラ坂本屋、100年の大阪茶巾鮨の八竹……も少し若い店はまだまだある。先月初旬、84年の老舗ふりかけ錦松梅が、いきなり店を閉めた。道行く近所の人は驚いたが、よく見ると貼紙には「改装のため休業」とあり、ホッとしていた。かと思えば、本物とは縁もなかった偽物「大勝軒」は先週、やっと閉店。この町は新陳代謝が激しいが、老舗を支える町の風土、人の気質がある。