h.Tsuchiya

編集と広報のお手伝い & My NEWS

コピーライターで食えた時代

 明日11月11日がコピーライターの日だと初めて知った。養成講座をやっている『宣伝会議』が登録したらしい。今、そこで何をどう教えているかしらないが、昔は、2Bの鉛筆で大きなマス目の200字詰め原稿用紙に、一文字づつ独特の書体で書くことから始めたものだ(写真)。仕事をこなすうちに、ヘッドラインやキャッチコピーを得意とするものとボディの文章を得意とするもの、特定ジャンルに強いものなどに分かれてメシが食えるようになる。だが資格は不要の世界、養成講座に通わなくても誰でもできる。印刷ブローカーから始めたワシは、”写植”の切り貼り上、字数調整をやっているうちにライターを自称してン十年。今はライター不毛の時代。Web用に600字書いて500円みたいな仕事しかないという。ちょっとカワイソ……。

f:id:RIPEkun:20151003190916j:plain