h.Tsuchiya

編集と広報のお手伝い & My NEWS

爺本13 歴史+ゲームの今野敏『蓬莱』

f:id:RIPEkun:20180712215440j:plain

 今野敏は1955年生まれ、上智大在学中から小説を書いている。レコード会社勤務の後、作家専従になり漫画原作者や格闘家など多彩な顔を持つ。そして95年に出したのが『蓬莱』。題名は古代中国の神仙思想にある東方海上の仙人の島。秦始皇帝を欺いた方士・徐福が目指した島で、しばしば日本のことだと推定される。その徐福が神武天皇として日本を建国したという伝説は各地に残っている。そんなストーリーを踏まえて小さなソフト会社が開発したシミュレーションゲームが『蓬莱』だった。PC版でヒットしたのを、スーパーファミコン版にして販売しようとしたところ、メンバーたちが次々に事件に巻き込まれる。巨大な勢力が『蓬莱」を抹殺しようとして暗躍していることも分かって来る。……解決に向かう安積警部補は後の「今野警察小説」の原形? 格闘シーンが光っているのもこの著書ならではウデ。面白くて一気に読み、すぐにbookoffに他の作品を買いに行ったが、多作の人だからすべてが面白いというわけでもなかった(「ST(警視庁科学特捜班」シリーズなど)。……ちなみに豚マン「551蓬莱」は何の関係もないっす。