h.Tsuchiya

編集と広報のお手伝い & My NEWS

爺飯47 佐渡の味をかみしめる「ワカメの佃煮

f:id:RIPEkun:20180717222231p:plain

 故郷・佐渡では年が明けると海藻の季節が始まる。最初に出回るのはアカモク、ナガモ、ギンバソウと異名多い千両役者。刻んでトロトロのを醤油混ぜてアツアツご飯に載せたり、味噌漬けにしたり、キムチ漬けにもする。続くのが一番狩りのワカメ。畳みほどの長さの1本もらって根も茎も食べつくす。塩気着いたままを天日で干したりもする。佐渡もずくもうまいし、初夏にはアラメが旨い。切り干しや油揚げと煮付けたりスケトウの卵と甘辛煮にする。佐渡は海藻天国だと思う……4月の帰省時に自分土産に干しワカメを買ったら、友人からも送られた。さすがに食べきれないから佃煮した。ニンニク、鷹の爪、ごま油、砂糖、醤油でほんの15分程度で完成。地元四谷の「錦松梅」の空き容器に入れて保存。こうしておけば酒のツマミで半月は楽しめるゾォ