h.Tsuchiya

編集と広報のお手伝い & My NEWS

爺歌28 「ミーハー」語源のアノ人と『銭形平次』

f:id:RIPEkun:20180722182135p:plain

 軽薄な流行かぶれを「ミーハー」というようになったのは1927年からとはっきりしている。スィーツの「ミつまめ」と当時のアイドル「林(ハやし)長二郎」を追っかける輩を指したのだ。「林」?は顔切り事件前の長谷川一夫の芸名で、この人の銭形平次役が「工夫があって一番良い」と評したのは原作者の野村胡堂。胡堂は「平次のモデルは『水滸伝』の礫投げ・張清だ」とも明かしている。……27年間で380篇以上も書かれた銭形平次シリーズはたびたび映画やTVドラマにもなったが、大川橋蔵主演で「なんだ神田の明神下で~♪」という舟木一夫の主題歌も良かった。胡堂は生前、神田明神に「平次塚」を建てるのを断固拒んだのだが、当人は、尊敬する先輩岡本綺堂の『半七捕物帳』の半七塚を浅草花屋敷に建てたのだから、泉下から文句を言ってもはじまるメェ。ちなみに平次が投げた銭「寛永通宝」は今だと30円くらい、ちゃんと回収したってヨ。