h.Tsuchiya

編集と広報のお手伝い & My NEWS

カレンダーも一新!……ん?

f:id:RIPEkun:20190101114251p:plain

 明けましておめでとう。で、わが家のカレンダーも一新。メインはいつもの歳時記カレンダー、卓上用に初めて岩合さんの猫カレンダー。気分も一新できた気になったが……ふと「?」。例の元号問題をカレンダー業者がどう対処したかが気になり、去年のものと比べると、バッサリと年号をカット。来年どうするかわからんが、西暦との変換が厄介すぎるから、この方がいい。元号はごく特別な時にだけ用いるものにすればいいんだよ。
 一方、「猫」も気になった。なぜ「猫年」がないか? 「ネズミにだまされたから。ずるいねずみは牛の背中に乗って神様の前に行き、とっさに飛び降りて最初の干支をゲットした」という童話も愉しいが、ベトナム中華文化圏)やベラルーシシルクロード文化圏)などでは「猫年」がある。エジプト渡りの猫だが、干支の本場・中国にないのは、現在の順序が定まった1世紀頃(後漢)の中国では殆ど飼われておらず、なじみが薄い動物だったかららしい。ちなみに、現在、日本で飼育される犬は892万匹、猫は952万6千匹と猫が逆転しているんだけど……。それにしても多いな