h.Tsuchiya

編集と広報のお手伝い & My NEWS

爺歌51 『矢切の渡し』の彼岸にある町(辛口)

f:id:RIPEkun:20190321203424p:plain

 あの世(彼岸)とこの世(此岸)は隔てられているが、あっちのご先祖を偲ぶのが春秋のお彼岸。今日、彼岸中日は20度を越し、まさに「寒さ」もここまで感。……今日、西から江戸川越えて、松戸に初めて行った。あの『矢切の渡し』(1976)なら葛飾柴又発~矢切行か。……なお、この曲は最初売れず、6年後、『夢芝居』で当てた梅沢富美男の舞台曲に採用されてからヒットした。が、オリジナルのちあきなおみ版よりカバーの細川たかし版が一番売れたのはファンとして残念。作曲の船村徹は「細川は一本調子。船はモーター付きだ」と酷評した。ホントに全然違うぜ!(この曲をカバーした歌手は30人近い)。……で、着いた松戸だが、あの「マツモトキヨシ」創業者であり、全国地方自治体が手本とした「すぐやる課」を発案した名市長・松本清が治めたのだからと憧憬があったのだが、現実は、「品下がる」町だった。まず、駅前で植え込みに立ちションするオヤジ発見、傍のポリがすぐにどこかに連れてった(ザマ~♪)。次に無断でバナナ売りをやろうとしたオヤジ発見。これもポリに追い払われた。さらに公衆電話の傍に置きっぱの大型キャリケース。これもポリ2人がこわごわ持っていった(すべてチクったのはワシ(ウソ))。……駅前の高架橋&広場の設計がひどい。ソフト面では禁煙を急ぎすぎて逆にあちこちポイ捨てだらけ。そのために掃除会社に委託するという無駄行政。町のあちこちに居酒屋、パチスロ、百均はあるのに、家電屋がないのもおかしい。……最悪が、松戸の「ゆるキャラ」。「松戸さん」以下、なんと15種類もあるのに全部ダメダメデザイン。……この町はセンスとか文化に無縁だ!