h.Tsuchiya

編集と広報のお手伝い & My NEWS

ひろみ君の「アチチ」を唄ってみようかしら

 一度降った雨を取り消すように連日33度越えの猛暑が続く。現場では足場の鉄パイプが熱せられてうっかり触ったトビの兄さんが思わず「アチッ!」と叫んでいる。街なかや電車では人々が「フゥ、アチーヨー」と言いながら携帯扇風機を当てている。まさに「カンカン照りの昼は怖い♪」だ(「夜へ急ぐ人友川かずき
 「アチチ」といえばやはり郷ひろみの『GOLDFINGER'99』(1999年)。リッキー・マーチンの原曲(Livin' La Vida Loca)には「アチチ」なんてひと言も出てこない。繰りかえされるのは彼女の性格「upside,inside out」のフレーズ(何もかも逆さま=めちゃくちゃ)。ひろみ君は、この曲をカバーする際、作詞の康珍化(かん・ちんか)が書いた「濡れた指先で アチチアチ 君を人魚に 人魚にしたい」(だからゴールドフィンガー?)とある中の「アッチッチ」こそ「ひろみらしさ」でキャッチ―になるからと、何度もこのフレーズを入れてと注文をつけた。『お嫁サンバ』の「イチ、ニッ、サンバ」の経験があったからだという(「話の肖像画」より)。
 加えて、両手をクロスさせて広げたり上衣を半脱ぎにするパフォーマンスも工夫して46万枚のセールスを記録した。手を裏返すポーズの振り付けはセンベイを焼いているイメージらしい。当時44歳だが、声を含めまだ美少年風だった。リッキー・マーチンの方は27歳ながらオスのセクシーさがギラギラ。世界で1700万枚もうなづける(ふたりの動画はYouTubeで見てね)。
 ……あれから23年(綾小路公麿風に)。まだバカをしたかった当時の自分もカラオケで唄ってみたけど、もう無理だな。やっぱり緑蔭でホワ~ンと涼むのが似合いかな(場所は都内某私大の庭)

 

好不好?某亀先生的日常和人生

 住宅街の角で通行禁止の看板を立てて立哨。すると何人かの通行人が右手の家の庭先をのぞき込んで行く。「いるかな~?」とか「タケちゃんおはよー」なんて声をかける人もいる。気になってよく見ると大きな水鉢の中から亀が首を出し、半眼で空を見ていた。頭部の両脇に赤い筋がある。この亀先生(かめさん)の名前は「タケちゃん」らしい。首出しポーズに飽きると、青黒く淀んだ水の中に潜る。その繰り返し。
 老婦人の車椅子を押した介護者らしきおばさんが、「タケちゃんはいいわね~。結構なご身分で」と言ったのに思わず笑った。う~ん、これが「結構な身分」かな? でも印象が変わったのは、昼時に見た光景だった。
 家の奥さんが庭の柵越しに手を伸ばした途端、亀先生は水鉢からバッと飛び出し、踏み台の石を脱兎ならぬ”脱亀”の勢いで滑るや約2mほど離れた水槽に飛び込んだ。そこに奥さんは水をはりながら小さなエビセンみたいな餌をバラバラっと。亀先生はパクパクと食べる。まるで専用の食堂だ。いやあ実にアクティブである。
 奥さんの説明によると、知人が夜店で買ったミドリガメが大きくなって飼えなくなったのを引き取った。もう20年は生きている。餌は一日おきにしてるけどいつも完食。気が向けば庭中を散歩もするという。食べ終わった先生は、踏み石の上で甲羅干し。
 調べると……通称ミドリガメは正しくはアカミミガメという外来種。平均15年程度の寿命というが、ここのは長命のようだ。そして意外と知能は高く、餌をくれる人などを見分けてなつくらしい。
 うむ、三食昼寝、散歩あり……。ライバルも家人もないからストレスもない。孤独ではあるが長生きはできている。他人(他亀)の気持ちは分からないが、先生は幸福かな?……「好(ハオ)」という返事が聴こえた気がした。

寛永寺「月の松」に癒されたよ

 上野広小路から京成上野駅前を通るのが中央通り。基準道路なので、たかが「幅寄せ」(車線変更依頼)といえども有資格の警備員が配置される。だが、半日もやっているとイライラが溜まってくる……車線変更せずにギリギリですり抜ける田舎モン・アルファード、少しでも有利な歩道側車線を走ろうと執着するタクシー、歩道の赤信号を無視して突破するデリバリーバイク、ブリンカーなしで割り込みをしようとしてハブられるモタモタ運転等々、こちらはあくまで「依頼」する立場で強制力はない(警備業法15条)。イラつきが高じると八つ当たり。歩道でパチンコ屋の開店を待つ連中にも腹が立つ。ほとんどが40歳以下の連中が200人以上もいる。「くそ、まともに働かんかい!」と。『枕草子』には「あさましいもの」尽くしがあるが、「いじましいもの」尽くしが書けそうだ。
 昼休み、西郷さんの銅像傍で手製サンドにパクつく。近くには寛永寺清水堂がある。観音様を祀って櫓組の舞台を付ければどこでも「清水寺風」のできあがり(佐渡にもある)。そしてここには松を撓めて丸くした「月の松」があり、舞台から見ると丸の向こうに不忍池弁天が見える趣向になっている。広重が描いた浮世絵にもあるが、現在の松は平成24年に作り直したものだそうだ。盆栽芸もここまでやると少し引くが、江戸庶民は喜んだことだろうとニヤリ。。するといつしかさっきまでのイライラも解消した。
 街に戻り、ふと気づくと「都美術館」の広告バナーが目に入る。7月23日から始まるボストン美術館所蔵品の「芸術×力」展の告知。この「力」は権力者の意味。ずっと延期されてたやつで面白そうだからぜひ行きたい。やはり上野は多面的な魅力が一杯の街だな。時に腹も立つけど(笑)

ジビエの「予告ネタ」回収

 ここに「後日報告」なんて書きながら、放置してしまうことが多い。誰に責められたり望まれたりする話題でもないからどうでもいいんだけど、ジビエ肉のことは思い出したから書きます。
 大家さんからイノシシのチョリソーと鹿をいただいたが、チョリソーの方は炒めたりサンドに挟んだりでペロリ(写真ないから豚ウィンナので代用)。鹿肉は筋膜を剥いでから薄切りにして塩コショウと練りにんにくを塗ってバター焼き。残りは赤ワインに漬けて保存し、後日、角切りにして大豆や玉ねぎとトマト味に煮て食べた。
 イノシシは豚より脂分が少し強めだがおいしかった。鹿肉は希少かつ美味の部位(背ロース)らしいが、脂分も少なく、牛の赤味肉とか上等なクジラ肉の触感。ま、ふつうに「肉でーす」て感じだけ。古い羊肉などの方がもっとケモノ肉っぽい気がする。
 イノシシを食べたとて鬼滅の伊之助みたいに強くなれるわけでもないし、鹿肉で跳ねたり走ったりする力が増すわけではないが、普通に市場に出回らない希少性がジビエの魅力だろう。小さい頃、近所の人から山で獲ったというウサギやキジやシマ蛇をもらい、父親が料理してくれた記憶がある。気持ち悪いと思ったことはないが、味はまるで覚えていない。故郷の人たちはもう食べないかも……
 ちなみに「イノシシ肉は、豚肉と比べると鉄分がおよそ4倍、ビタミンB12が3倍。シカ肉は牛肉と比べると高たんぱく質、低脂質(6分の1)で、エネルギーが半分以下。鉄分は牛肉の2倍」(農水省)だそうだ。ヘルシー志向なら大豆肉の前にこっち試したら?

あるJC(青年会議所)への歯がゆさ

 今や夏の風物詩である野外ロックフェス。昨年はコロナ対策なしで密なコンサートをやった結果、感染者が出て世間のバッシングを受けたものもあったし、「万全の対策」過ぎて声も出せないショボくれた「大コンサート」もあった。では今年はどうなる? 世間の「コンプラ警察」を気にする主催者はやはり自粛する。さもなくば「ショボくれ」開催で茶を濁す。
 自分の意見は「もうガンガンやってもいい!」と思う。いや、風見鶏的にそう思うだけで理屈はないんだが……。念頭にあるのは、群馬のヘソ・渋川のJC(青年会議所)が、今年も3年連続で「1000人ROCK」の中止を決めたことだ。このフェスは2015年からイタリアで開催されている「Rockin'1000」(写真)をモデルにしたもので2017年から牧場で開催している。特長は、ボーカル、エレキギター、ベース、ドラムのパートごとに数百人づつ計1000人を公募し、指定曲を参加者全員で演奏するという仕組み。これまでにBOOWYブルーハーツの曲を取り上げている。
 伊香保温泉とコンニャクくらいしかない人口7万強の小さな町のJCががんばった取組みで、全国から集まった老若男女がめちゃくちゃ盛り上がっていた。2019年のブルーハーツ「♪終わらない歌を歌おう♪クソッタレの世界のため」とアンコール曲「リンダリンダ」の様子はぜひ見て欲しい(https://www.youtube.com/watch?v=utObok_7Qlc。写真©渋川青年会議所ほか)
 同JCが今年もWEB Sessionだけにした「大人の事情」はわかる、が、なんだかその「まじめさ」が歯がゆい。「世界に繋がる」こともJC理念の一つだと思うし、マスクレス時代らしくない。いや、当事者たちが一番歯がゆいのだろうから、このユニークなフェスが本来の姿で再開されるよう応援するしかないか……

大好きな駅弁が食べられないのか!

 JR東京駅を経由して帰宅するたびに、駅弁屋「祭」をのぞくのだが、夕方には大抵売り切れているのが、大増の「深川めし」。何度かの挑戦で、やっと昨日ゲットできたのである。うれし~。
 味噌味で炊いたたっぷりのアサリとゴボウ、ネギがごはんの上にのっている。江戸情緒味わえるアサリ飯、それに税込み950円という値段もステキなのだ。
 夕飯の愉しみとして味噌汁まで用意していざ、実食!ウマいにきまってますよね……しかし3分の1ほど食べ進んだところで、どうもムセル。やっぱり米ツブがひっかかる。愉しみにしてた駅弁だからといってノドが許してくれない。やはりおかゆやおじやでないと難しい。ノドにきつく細ひもをまきつけられたような感じが、まだ取れない。
 ペースダウンしてチマチマ口に入れて、よっくカミカミして食べるのだが、味の濃さが気になりだす。卵や蒲鉾で気分転換。食べにくいならやめればいいのに、苦労して買ったという思いもあって意地汚くも食べきった。あ~しんど。アホだね。
 でも、こんな調子で大好きな駅弁を食べるのがしんどいとなると、ワシは何を楽しみに旅に出ればいいのだ。タコの引っ張り飯も、小鯛の笹寿司も、京都萩乃屋の精進弁当も、崎陽軒シウマイ弁当(これは「祭」でなく向かいのTANAKAYA扱い)も、越後の「まさかいくらなんでも寿司」も……当分、おあずけかよ。トホホじゃないか。

「ルーティン」が崩れる時

 誰にもroutine(決まった手順)がある。「朝起きて、顔洗って、トイレ、朝食……」なんてのもその一つ。こんなのは習慣だが、これを頑なに守ろうとする人もいれば、その日その日の「出来心」で構わない人もいる。それなりの合理的理由もあったりする。
 自分の場合、夕方4時過ぎに翌日の勤務先指令が来る。それを受けてからのルーティンは、まず現場住所をグーグルmapで確認。最寄り駅やバス路線などを調べて、乗換案内アプリで自宅からの経路や所要時間、金額などを調べる。それで何時に家を出るかも決める。
 起床するのはその約1時間前。自分の朝飯と昼飯用のサンドイッチを作らねばならない。これも一種のルーティンで、今、続けているのはマフィンのサンド。トーストしてチーズを載せ、卵、ソーセージ、野菜などを挟む。病気以前は現場近くのファストフードやコンビニ弁当を利用していたが、むせたり時間がかかったりするかもと気になって足が向かない。当分はこれを続けるしかない。カロリーも食べ応えも十分だ。
 ところが「休み」だったはずの今朝、急に連絡が来て臨時出動してくれという。何か不都合が起きたらしい……こうなるともうルーティンはガタガタ。朝のトーストは食べていたが、サンドイッチは作れず。現場近くのミニスーパーで初めて既成の「鶏照り焼き卵」サンドなるものを入手。が、味も含めてどうも腹への収まりが良くなかった。「不変」と思われたルーティンも簡単なきっかけで崩れるもんだね。