h.Tsuchiya

編集と広報のお手伝い & My NEWS

爺本06  『サウスバウンド』

f:id:RIPEkun:20180204141143p:plain

 集団政治闘争に見切りをつけても、個人として国家権力に抵抗し続ける元過激派の父と母。次々と引き起こす事件の挙句、一家西表島に転居。だが、そこでも騒動が……。渦中で育つ11歳の息子二郎が主役の成長(ビルディング)物語。2007年には豊川悦司(父役)らで映画化されたようだが知らなかった。今なぜこの本を読むことにしたかも曖昧なまま奥田英明の原作を読んだ。少年目線の心理を軽快・軽妙にカット割りして一気に読ませる。達者な小説家だ。……ところでこの父親世代ももう70歳前後なのに下品な事件・事故を多発している。困ったもんだ。本を読んだら、ワシも「結い回る」南の島に隠居して骨を埋めたくなった。あと数年内に”南行き(サウスバウンド)”したいなぁ。(本に関する記事が重なったので、爺本シリーズにした)