h.Tsuchiya

編集と広報のお手伝い & My NEWS

爺歌63 「なんちゃら記念日」と月光仮面?

f:id:RIPEkun:20190604213628p:plain

 「どこの誰かは知らないが~誰もが皆知っている♪」は、昭和の子どもたちが熱中したTV『月光仮面』のオープニング曲だが、まさにこう言いたくなるのが、「なんちゃら記念日」の多すぎることだ……今日、セブンで買ったヤマザキの「ロールケーキ」には、「6月6日はロールの日」というシールが貼ってあった。「えっ?そんなの初耳、聞いたことない」という人も多いはず……この「なんちゃら記念日」というのは、実は誰でも勝手に名乗って良いのである。でも、そこは権威好きの多い日本人のこと。「社団法人日本記念日協会」ほか、「指定」や「制定」する任意団体が複数存在する……そしてここからがもっと驚く!この協会が定めた記念日の数は1600個、伝統的なものや記念日協会に認定されていないものを含めると把握できているものだけで「2800個」あると推定される……日本の政府や省庁が定めた記念日だけでも63種類もあるという。「なんちゃら記念日」のルーツは、おそらく「俵万智が「『この味がいいね』と君が言ったから七月六日はサラダ記念日」という詩(1987年)を書いてからだと思う。バカヤロウといいたくなる……さぁ、皆さんも勝手に「なんちゃら記念日」を作りましょう。もしかすると、どっかの会社や団体が公認と勘違いして、使用料なんかを払ってくれるかもしれない。ヒヒヒ