h.Tsuchiya

編集と広報のお手伝い & My NEWS

久々にコゴトを言いたくなったぞ!

f:id:RIPEkun:20180228173329j:plain

 昔の中国ではインテリ、知識階級を「読書人」と読び、万巻の書を読破する使命があった。日本の大学はそうしたインテリ養成学校だったはず。だが、今年、大学生協が調査した結果、大学生の1日の読書時間は平均23.6分。ゼロと答えた割合は53.1%になったという。読書は情報収集でなく、自分との対話時間でもある。精読しなければ何も学べない。一度、その習慣がつけば自転車や水泳の技能と同じで後戻りはしない。自己啓発本は本ではない。「ネットで読める」はウソ、コピペ論文はクソだ。読んできた人とそうでない人は眼と言葉が違う。海外の名門大学の学生で、読書しない学生なんて絶対いないはず。今の大学は、就職のための予備校に過ぎず、大学院は人生逃避先になっている。ヤバイかも……久々の、コゴト幸兵衛爺でした。