h.Tsuchiya

編集と広報のお手伝い & My NEWS

男は、女にゼッタイ勝てない!

 今、今年になって6冊目の本を書いている。そのうち著者として名前を出すのは半分。平均2ヵ月に1冊、職人芸に没頭できる。これはオモテに出るのが苦手な気質に加え、ウラに回ってプロデュースや編集、操作する方がずっと面白いという「禁断の味」(政治力?)を知ってしまったせいだ。もし、「自分もそうだ!」と言う人がいたら、ぜひ見て欲しいのが『カッティング・エッジ』(The Cutting Edge)だ。ハリウッド映画のウラで活躍するフィルム編集者たちを取り上げた98分のドキュメント(注:同名のスケート映画は無関係)。つまり「メタ映画」。今、YouTubeでは消されているので、無料で観たければ無法中国の動画サイト「YOUKU(优酷网)」しかない。……今夜見直して改めて思ったことは、「編集者(Editor)は最初の観客ないし読者」ということよりも、「男は、女の”編集力”にはゼッタイ勝てない!」ということ。キャロル・リトルトンみたいな賢い女には、自分の運命を黙ってすべて委ねるしかない。理由は……観ているうちにわかる。

f:id:RIPEkun:20171122213954p:plain